医療訴訟を起こす前に

最近テレビでも医療事故のニュースなどをよく見かけます。
医療に関する事故は泣き寝入りする事が多いとも言われていましたが、現在では納得できない医療行為によって後遺障害が残ったり、最悪の場合医療ミスで死亡したという事になると、大きな裁判になる事もあります。

大切な人が医療事故によって亡くなった、亡くなるはずのない命が医療ミスによって失われたという事であれば、医療訴訟を起こす事も考慮しなければなりません。
医療ミスをそのまま陰に葬ってしまっては、また同じことを繰り返し大切な命を失う事にもなりかねないからです。

医療事故を疑った場合、その前にしておくべきことがあります。
まず、医療事故ではないかと考える疾患を発症した際、その医療事故を起こした医師が担当するまでの状況はどのようなものだったか、もしその前に他の医師の診療を受けていた場合、どのような治療を行ったのか、医療事故の前に、医師からどのような説明を受けてどのような症状だったのか、医療事故が起きた時期、どうしてそう思ったかその根拠、状況、副作用や合併症の有無などをメモなどにしっかり残し、医師からもらった説明書などを準備しておきましょう。

医療事故を起こした医師との話し合いを行う際、家族や医療訴訟を起こす側は非常に感情的になりやすいです。
しかし医師からしっかりとした明瞭な答えを導き出すためには、冷静に行う必要があります。
医師からの聞き取りは慎重に行っておく必要があります。
当サイトは医療事故などで医療訴訟を起こす前にしておくべきことをお伝えし、医療訴訟の為の準備が円滑にできるように作りました。
心折れることなく医療事故に立ち向かうための知識として下されば幸いです。